キャバクラ体験記 オージープレイヤー
キャバクラ体験記事

新人の女の子が初々しかった

懐かしい気持ちを思い出した

ちょっと前にキャバクラに行ったら新人の子だったんですよ。
これまでも新人の子は何回か遊んだことがありますけど、結構久しぶりだったのもあって新鮮な気持ちになりましたね。

慣れてくると当たり前になってくることってたくさんあるじゃないですか。
女の子たちも、初めはきっと客と同じテーブルに座るだけでも緊張したと思うんです。
それがいつしか慣れていくと、いろいろと冗談も言えるようになるじゃないですか。

でも彼女はまだまだ全然慣れていなかったんです。
だから初々しさがあってこっちもドキドキ…というと語弊があるかもしれないんですが、初めてキャバクラに足を運んだ時の気持ちを思い出すことができました。

リードしなくてはといった使命感に駆られて

普段はこちらから会話をするタイプではないけど

自分自身、そこまで饒舌なタイプではないんです。
どちらかといえばいつも女の子にリードをしてもらっている側だったんですが、その日は自分がリードしなければという気持ちがメキメキと湧いてきました。

でも、彼女もまだまだ慣れていないなりにいろいろと頑張ってくれたんです。

まるで付き合いたての恋人同士かのような初々しさがありましたけど、たまにはこういった気持ちを味わえるのも悪い物ではないんじゃないのかなって思いましたよ。

上へ戻る