キャバクラ体験記 オージープレイヤー
キャバクラ体験記事

まさかの現役女子大生と話す機会が

年甲斐もなくドキドキとしてしまいました

この前キャバクラで遊んだ女の子、驚きの現役女子大生でした。
すっかりおじさんである私には、現役の女子大生との接点なんてまずないので、彼女が「大学に通っています」と言った時にはちょっと驚いてしまいました。

老けているといったことではなく、大人びた雰囲気は、もっと年上でとても女子大生だとは想像すらできませんでした。
「現役女子大生」という存在に免疫のないおじさんは、それだけでドキドキしちゃいましたね。

だけど何を話せば…

どんな話題がいいのか見当もつかず

あまりに歳が離れすぎていて、何を話せばいいのかさっぱり分かりませんでした。
それに彼女ももっと若くてかっこいいお客さんにつきたかったんじゃないのかなーと。

しかし、そんな私の思いに反し、彼女は愛想がとても良く、大学生活がどのようなものなのかにこやかに話してくれたので、次第に私も打ち解けることができました。
そして、話すだけではなく聞き上手でもあったんです。

親子ほど年が離れているおじさんのつまらない話を真剣に聞いてくれるし、色々な会話もでき、とても楽しい時間を過ごすことができました。

彼女のおかげで男としての自信にもつながったんじゃないのかなと思います。
こんなおじさんでも現役女子大生と楽しい一時を過ごすことができるキャバクラはとてもありがたい場だなーと今回はしみじみと思いました。

上へ戻る